AIBS(エイビス)
■AIBS(エイビス)詳細ページに戻る

 

 

■システム最小構成例

放送系統が1つしかない場合(全館統一放送)の構成です。
1台のハードウェアに、番組編成装置、番組再生装置を組み込みます。
全館共通の系統で十分の場合に適応します。LineOut端子をアンプに接続します。
告知、館内放送はマイクロフォンを用いて行います。
このように、1台のハードウェア上に番組編成システム、番組再生システムを組込みます。

■放送系統対応システム構成例
大規模施設ではブロック(地域やフロアー)に放送系統を分け、
放送内容を変えることが一般的です。

このような場合、番組編成システムを1台設置し、

番組再生システムを放送系統別に編成します。

■番組編成システム
番組編成システムは下の機能を持ちます。

<機能>

<概要>

時刻合わせ機能

番組表を忠実に再生するため、番組編成装置と連動して時刻を合わせます。

番組再生機能

番組表にしたがって、忠実に番組を再生します。
■必要なハードウェア
一般的なWindowsマシンで十分ですが、選定に当たっては以下にご注意ください。
※放送系統が複数ある場合。
 LAN(Ethernet)接続機能が必要です。
※Audio
 Mike、Speaker、LineIn、LineOut端子を備えていることが必要です。
※ハードディスク容量
 多数の番組を作成する必要がある場合にはハードディスク容量を十分に確保してください。
■設定

番組編成システムでは連動する番組再生システムや、プラグインソフトウェアの設定が必要です。
左の図「システム設定」はブロック(放送系統)毎の再生装置を指定しており、
右の図「プラグイン設定」はプラグインソフトウェアを指定しています。

■音作り(録音、ノイズ除去、ミキシング)

各種ソフトウェアにより、 音作り(録音、ノイズ除去、ミキシング)が手軽にできます。
※弊社推奨ソフトウェアの画面になります。
 全てシェアウェアです。

■ ↓弊社システムの録音メニュー画面です。

■ ↓告知録音(音声録音)プラグインWaveHunter(弊社推奨シェアウェア)による録音の例です。

■ ↓プラグインWAVclean(弊社推奨シェアウェア)によるノイズ除去の画像例です。

■ ↓プラグインWAVhum(弊社推奨シェアウェア)によるノイズ除去の例です。

■ ↓プラグインCompWave(弊社推奨シェアウェア)によるミキシングの画像例です。

■番組表(放送スケジュール)作成

1日単位の番組表(放送スケジュール)を作成します。
番組名、放送開始時刻、放送終了時刻、繰返しの有無、
繰返し有りの場合に繰り返し回数と間隔を表に記入していきます。

■番組表(放送スケジュール)予約

放送系統に翌日以降の番組表(放送スケジュール)を割り当てます。
最大1週間先までの番組表を予約することが出来ます。
又、当日の急な番組変更も可能です。

■番組再生システム
番組再生システムは番組編成システムから転送される最新の番組表に基づいて、
忠実に番組放送を行います。
■必要なハードウェア
一般的なWindowsマシンで十分ですが、選定に当たっては以下にご注意ください。
※放送系統が複数ある場合。
 LAN(Ethernet)接続機能が必要です。
※Audio
 LineOut端子を備えていることが必要です。
※ハードディスク容量
 多数の番組を作成する必要がある場合にはハードディスク容量を十分に確保してください。
■自動放送

忠実な再生には放送設備全体の時計が必要であるため、
番組編成システムをタイムサーバーとして時間合わせを行っています。
確認用機能としてテスト放送の機能も持っています。
もちろん、当日の番組表変更にも対応しています。


■AIBS(エイビス)詳細ページに戻る
 Topに戻る  

(c)2007 S-craft .Inc. all rights reserved.